野球専門店・古内社長のコラム

<肘・肩怪我予防>ブレイスレボサポーター

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - <肘・肩怪我予防>ブレイスレボサポーター
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip




【札幌市南区の野球専門店】スポーツショップ古内の社長
古内克弥のコラム No.22
スポーツショップ古内野球用ホームページはコチラ
https://peraichi.com/landing_pages/view/sportsfuruuchibb

肘と肩の怪我を予防するスペシャルサポーター「ブレイスレボサポーター」

 

 

こんにちは!

いつもコラムをお読みくださいまして、ありがとうございます!

今回は、野球肘や野球肩に不安のある方には見逃せないアイテムをご紹介します!

 

その名も

「ブレイスレボサポーター」です!!!




==============
肘の怪我や肩の怪我はどうして起こるの?
================

 

まず、野球肘、野球肩というのはどういう症状なのかをお伝えします。

 

日本整形外科学会のホームページを見ると、こう書いてあります。

<症状>

「成長期にボールを投げすぎることによって生じる肘の障害を野球肘(肩の障害を野球肩)といいます。
投球時や投球後に肘(肩)が痛くなります。肘の伸びや曲がりが悪くなり、急に動かせなくなることもあります。」

 

<原因>

「繰り返しボールを投げることによって肘(肩)への負荷が過剰となることが原因です。
野球肘の場合、肘の外側で骨同士がぶつかって、骨・軟骨が剥がれたり痛んだりします。また、肘の内側では靱帯・腱・軟骨がいたみます。肘の後方でも骨・軟骨がいたみます。」

 

詳しく知りたい方は、「野球肘」で調べると、たっくさん出てきます。

病院の先生などが書いている記事がとっても詳しく載っています。

専門用語も多いですから、「あまりにも詳しすぎて、逆にわからない!」という方は、僕の記事を読み進めてください(笑)

 

========
野球肘に気をつけるには?
========

投球動作を改善することにより、野球肘になりにくいフォームを身につけることができます。

野球肘は「投げ過ぎが原因」と書かれてありますが、正確には

「(誤ったフォームでの)投げ過ぎが原因」と言えると思います。

 

じゃあ、「正確なフォーム」とは?

つまり、「負担をかけにくく、力が伝わりやすいフォーム」です。

それってどんな投げ方なのでしょうか?

 




==========
正確なフォーム
==========

正確なフォームを文章化すると、とっても難しいんです!

内旋だの外旋だの前腕回内など、頭がクラクラしそうな用語が出てくるので、

この絵をご覧になってください!

 

 

 

実は野球の投球動作というのは、腰だけではなくて、腕もぐるりと回転しているんです。

 

逆に、回転させることなく投げようとすると、肘がガチーんと止まってしまいます。

わかりやすい、古内画伯の絵を見てみましょう。

 

 

 

そして、最初の絵にあるように、テークバックの時点でも肘が上がっていることが大切です。

肘が上がっていると、肩の回転動作がしやすくなるため、肩の負担もかかりにくくすることができるんです。

 

==========
投球動作指導と実現性
==========

 

投球動作の指導というのは、おそらく今までにも教えてもらってきた方はいらっしゃると思います。

故障の治療として病院に通われたことのある方は、特に教わった可能性は高いと思うんです。

 

もちろん、チームの中で教わる方もいらっしゃると思います。

 

が!

当事者はなんせ子供です。

 

その指導方法で、練習の時は意識して投げることができていたとしても、試合中だったり、野球の楽しさに夢中になっていたり、

「やばい!早く一塁に投げないと!」

なんて焦っている時は、

 

ついその投げ方を再現しないまま投げてしまう子も少なくないと思うんです。

 

 

無意識に、今までのクセで投げてしまうこともあると思います。

そうすると、やはり故障の原因になってしまうんですね。

 

でも、

「教わった投げ方をしないから、ケガするんだぞ!」

と、責めたら、少し子供がかわいそうな気もします。

 

怪我をしたくて野球しているわけではなくて、どちらかというと、チームの勝利に貢献したい思いでプレイをしているわけですから。

夢中になっていたり、あたふたしている時は、ついつい教わったことを忘れ、本能のままにプレイしてしまうこともあるでしょう。

 

 

じゃあ、どうしたら無意識下のプレイの中でも、正しいフォームに近づけることができるのか?

 

 

そこで、サポーターの出番がくるわけです!

 

==========
投球動作サポーター

ブレイスレボサポーター
==========

 

こちらのサポーターは、装着すると、勝手に内側に捻られるような形になります。




 

なぜこうしているのかというと、

内側に捻られるような力がかかっていると、

テイクバックの時点で肘が上がりやすいからです!

 

 

 

それでは逆に、極端に腕を外側にひねってみましょう。

 

 

その状態でテークバックをした時に肘は肩よりも上がりますか?

 

とりあえず、僕は上がらないんです。

 

 

この、「内側にひねる動作」=「内旋」

これが無意識のうちにできるようになれば、夢中になっている時でも、焦っている時であっても、サポーターのおかげで肘が上がりやすくなります。




==========
腕が内旋する効果
==========

腕の内旋により、肘が上がりやすくなれば、テークバックから振り抜くまでの「肩の負担」を減らすことができます。

 

腕が内旋しやすければ、リリース時に肘を逃がしやすく、「肘の負担」を減らすことができます。

 

野球肘、野球肩は、野球少年たちに、異常に多い怪我です。

怪我をすると、医療費がかかるだけではなく、その間怪我が治るまでランニングしか出来ない、だとか、練習内容に制限がかかってしまいます。

人数が少ないチームだと、たった一人の怪我もチームにとっては手痛い損失。

 

自分のために、チームのために、サポーターを装着して練習しませんか?

普段から正確なフォームに近づけるための第一ステップである

「肘を高く上げる」

という動作を常にサポートしましょう。

 

どんなシチュエーションであっても、肘を高く上げる習慣がついていれば、とっさの時でもしっかり投げられる可能性は高くなると思います。

 

こちらは、SサイズからLサイズまで作られており、大抵の方の腕に合うように作られています。

店頭サンプルもございますので、一度装着して投げてみませんか?

 

 

 

今回のコラムはいかがでしたか?
綺麗なフォームというのは、怪我がしにくかったり、力が伝わりやすかったり、バランスが取りやすかったりするものです。

フォームをしっかり矯正して、楽しい野球をとことん楽しんでもらいたいですね!
今後も、疑問点や聞きたい話などがございましたら

sportsfuruuchi@gmail.com

こちらまでご連絡ください!

 

バックナンバー

No.1 「綺麗な肌は好きですか?」https://www.strike-web.com/201811260919/

No.2「将来の夢はグラブ職人!?」https://www.strike-web.com/201812031248/

No.3「お手入れのコツは「手洗い」」https://www.strike-web.com/201812101432/

No.4「グラブづくりイベント」https://www.strike-web.com/201812171410/

No.5「赤ちゃんに学ぶ、外角低めの克服法」https://www.strike-web.com/201812241339/

No.6「グラブのポジション別の特徴」https://www.strike-web.com/201901010042/

No.7「グラブ作りに挑戦!」https://www.strike-web.com/201901071043/

No.8「投手用グラブ タテ型派、ヨコ型派をわかりやすく解説」https://www.strike-web.com/archives/148508

No.9「失敗しないグラブ選び(2-1)」https://www.strike-web.com/archives/149289

No.10「失敗しないグラブ選び(2-2)」https://www.strike-web.com/archives/149935

No.11「バットの種類と違い」https://www.strike-web.com/archives/150365

No.12「バットの種類と違い2:複合バットについて」https://www.strike-web.com/archives/150918

No.13「源田選手のグラブについて」https://www.strike-web.com/archives/151603

No.14「野球セール ベースボールフェア予告」https://www.strike-web.com/archives/152758

No.15「新軟式ボールについて」https://www.strike-web.com/archives/153607

No.16〜17はセールの予告でした。

No.18「専門店のグラブの提案の仕方」https://www.strike-web.com/archives/157092

No.19「流行りのアンダーシャツ」https://www.strike-web.com/archives/157554

No.20「新発想のスパイク誕生!ブロックソール」

No.21「ブロックソールは中学校、高校でも使えるの?」https://www.strike-web.com/archives/158970

 

 

 

 

――――――――――<コラム著>――――――――――

株式会社スポーツショップ古内

代表取締役社長 古内克弥

1982年4月15日生まれ

小学5年生の時に家業であるスポーツショップ古内の販売をお手伝いした時に、接客の楽しさを経験し、将来の夢を「スポーツショップ古内をでっかくする」に設定する。

サッカー、バレーボールをメインに15種目ほどの競技を学び、大学で経営学を学んでゼット株式会社に入社。

ゼット株式会社では、グラブ工場で一年間グラブ製作に携わり、グラブの知識を覚える。

三年間の修行を経てスポーツショップ古内に入社する。

2017年、代表取締役社長に就任。

2017年、CSR経営表彰-地域貢献部門-で受賞

2019年、さっぽろgood商い賞受賞

「札幌をスポーツカルチャー人口日本一にする」をゴールとした、札幌市のスポーツ&カルチャーフェスティバル「スポカル」の副実行委員長もつとめ、スポーツ普及に携わる。

学校や企業への講演依頼も年に10回ほど受け、経営、マーケティング、地域活性化などのテーマで話をしている。

(依頼はほぼないと思いますが)講演は「ストライクを見た」で、無料で行います。

 

野球用ホームページ

https://peraichi.com/landing_pages/view/sportsfuruuchibb

 




ストライク発行人 大川

Sponsored Link

関連記事

コメント

まだコメントはありません。

コメント入力

※コメントは管理者が認証してから反映されます。

札幌大谷中学校

おすすめ記事

ベースボール北海道STRIKE
このバナーをあなたのHPにご自由にお貼りください。リンク先は下記のアドレスに設定してください。
https://www.strike-web.com/
発行人の高校野球ブログ
発行人の中学野球ブログ
発行人の学童野球ブログ
ようこそ発行人のガーデニングブログへ
  • 北海道少年軟式野球連盟
  • 札幌スタジアム
  • 医療法人仁陽会 西岡第一病院
  • >フェニックスフィールド
  • ファイターズアカデミー
  • 札幌軟式野球連盟
  • 全日本リトル野球協会 リトルシニア北海道連盟
  • 三愛自動車
  • 北海道高等学校野球連盟
  • JBF 日本中学生野球連盟
  • ボーイズリーグ 東日本ブロック北海道支部
  • 北海道女子軟式野球連盟
  • 北海道シャンピオンシップ少年野球協会
  • 北海道野球協議会
  • ポニーベースボール北海道連盟
  • 札幌市中学校野球協議会
  • 西宮の沢バッティングパーク ピッチャーガエシ
  • 白石区少年野球連盟
  • 北海道中学軟式野球連盟
  • WORLD WING SAPPORO
一生懸命の野球少年、応援します!
株式会社たかはし
代表取締役 高橋武美
〒062-0052
札幌市豊平区月寒東2条11丁目6-6
電話:(011)858-5301
等身大の全力プレー!がんばれ少年野球
有限会社札幌土質試験
代表取締役 近藤政弘
札幌市白石区菊水7条4丁目1番27号
TEL:011-812-6871
伸びしろいっぱい!少年野球がんばれ!
有限会社北杜土質
代表取締役 鈴木幸洋
札幌市白石区菊水7条4丁目2-24
TEL:011-815-6008
中学軟式クラブチーム
【PR】見学・体験のお知らせ<ピースベースボールクラブ>
6年生、中学1年生の男女選手を募集!
南区で発足した中学生軟式野球チームのピースベースボールクラブは
以下の日程でチーム説明会を開催いたします。
 硬式野球と軟式野球の違い、チームの指導方針、勉強との関わり方、
保護者の皆さまが不安に思っていること等、中学野球チーム選びの参考
にぜひお越しいいただければ幸いです。

 なお、練習の見学・体験も随時募集しております!

ホームページ:https://kyudo.1net.jp/aboutus/8501.html

チーム説明会
 11月17日(日)16:00~ 札幌市もいわ地区センター
 11月24日(日)16:00~  札幌市もいわ地区センター

※札幌市もいわ地区センター(札幌市南区川沿8条2丁目4-15)
https://moiwa.jp/


お問い合わせ先
 kyudobaseballclub@gmail.com または090-8708-6966
監督 高山まで
中学硬式野球クラブチーム
【PR】札幌栄リトルシニア
新入団員募集中!
札幌栄リトルシニアは、平成29年度よりリトルシニア北海道連盟に所属する硬式クラブチームです。

選手は東区,北区を中心として市内各区から集まり、火曜・木曜の平日練習と,土曜・日曜・祝日で練習および試合を行っています。

【チームスローガン】
「挨拶、返事、全力疾走、フルスィング」
【団員募集中】
土曜,日曜,祝日(9:00~17:00)
平日,火曜,木曜(18:00~21:00)
何時でも大歓迎です。また平日練習の見学・体験も可能です!
【練習場】
練習場(室内):札幌市東区丘珠680-118

【お問合せ先】
 札幌栄リトルシニア:事務局 野 口(携帯) 090-2057-5635
 (平日は18:00以降にお願いします)
中学硬式野球
【PR】新入団員募集中!<札幌羊ケ丘リトルシニア>
新入団員募集中!
札幌羊ヶ丘リトルシニア


■新入団員募集中!
札幌羊ヶ丘リトルシニアは、来春に中学校に入学する学童から中学3年生までを対象とした硬式野球チームです。
冬期間は、室内練習場で汗を流して頑張っております。

現在、新入団員を募集しています。
何時でも見学/体験をお受けしますので、下記「お問い合わせ先」にご連絡の上 お越しください。
選手・指導者・関係者一同、皆様のご参加を心からお待ちしております。

≪指導方針≫
1.規律を重んじる明朗な社会人としての素養を持った、時代を担う健全な人材の育成を図ること。
2.スポーツ精神を養うとともに、団体生活におけるチームワークの重要性を身につけること。
3.地元地域の野球を愛する中学生に硬式野球を正しく指導し、体力と技術の向上を図ること。

■練習日
木曜日(17:30~21:00 *自由参加)
土・日・祝日(9:00~17:00)

■練習場所
夏季:滝野JAグランド(札幌市南区滝野13番地)
冬季/雨天:室内練習場(滝野JAグランド向かい)
         
■お問い合わせ先
連絡先 <事務局長> 中村
TEL 090-2051-3598
e-mail fumitaka-1018@hotmail.co.jp
グローブ
ボール