たきうちプレス

オフ充電、来季にかける札龍谷の堤君

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - オフ充電、来季にかける札龍谷の堤君
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip




投球フォームを何度も繰り返し確認する堤君



「たきうち整形外科スポーツクリニック」(札幌市中央区南1西6、北辰ビル2階)に通院する「院内で見つけたアスリート」の今月の登場者は、札幌龍谷学園高の堤遼馬君(17、2年)。堤君は投手をしていた昨年秋に靭帯再建術の「トミー・ジョン手術」(右肩)を受け順調に回復したが、今後の野球人生を考えて今も定期的に診察を受けリハビリなどでケアをしっかり行い、来季の甲子園切符取りを最大の目標に準備万端整えている。

札幌龍谷学園高の堤遼馬君

▽堤 遼馬(札幌龍谷学園高2年、17=174センチ、73キロ、外野手)札幌・日新ベアーズ-札幌・陵北中軟式野球部-札幌龍谷学園高硬式野球部

小学4年生から投手1本で頑張ってきた疲労蓄積が肩の損傷につながり、昨年秋のトミー・ジョン手術となった。

これまでは大きなけがはなかったが、手術となればさすがに不安に襲われた。

幸い手術も順調に経過、今年の夏の甲子園予選まで投げていた。

投手から外野手に代わったのは監督の一言だった。

監督が堤君の野球に対する高いポテンシャルを認められ、外野手に勧められたのだ。

強い勧めがあったとは言え、最初は戸惑いを隠せなかったが今は「外野手が好きになった」と堂々と言えるようになった。

 
 

野球を始めたきっかけは幼稚園の時。駒大苫小牧の田中将大(現・ヤンキース)と早実・斎藤佑樹(現・北海道日本ハムファイターズ)の甲子園決勝での投げ合いをTVで見て、「自分もあんな選手になりたい」と憧れ、少年野球に入団した。

小学・中学時代は投手で、バッティングもよくチームの中心で活躍してきた。

投げてはストレート1本で勝負、打っては(右打者)逆方向へ強い打球を飛ばし、二塁打、三塁打の長打も連発した。

 
 

一番の思い出プレーは、中3時の札幌全市軟連大会の決勝。

対戦相手は中の島中、堤君が先発し四回まで4-0の完全試合だったが五回に打たれて同点に。

そして六回にはついに勝ち越し点まで与え逆転負けとなった。

「四球から乱れて我を失い最悪の試合でした。

チームメートは泣いている者もいたが、自分は現実を飲み込めず、何が起きたのかわからずボーっとしていました」と苦い経験を話す。

野球の恐ろしさをまざまざと見せつけられと言う。

 
 

チームは今年の新人戦でベスト4になった。

準決は4番ライトで出場したが活躍できず悔しさが倍加した。

優勝した白樺に3-13のコールド負け、「来季は必ずリベンジする」と意欲満々。

その悔しさを踏まえてオフにはみっちり体をケアし、トレーニングすると意気込む。

けがで得た教訓は大きく、まず丈夫な体づくりを目指し「夢の甲子園出場を果たす」と、高校生活最後になる来シーズンに期待を寄せている。

 
 

(記者の目・中山武雄)高校生ながら、けが予防の大切さと体のケアを十分に理解して野球に取り組んでいる姿が伝わってきました。

感心しました。

「将来は野球に関係する職業に就きたい」と目標もはっきり決めているようで、すがすがしい思いで取材をさせてもらいました。

筋肉隆々、普段の努力が伺えます。

 
 

 札幌都心部で評判の整形外科スポーツクリニック

たきうち整形外科スポーツクリニック札幌都心部(中央区南1西6、北辰ビル2階)に位置する利便性と、専門性の高い診断、治療を行うスポーツクリニックとして全道的に名が知られている評判の整形外科病院。

瀧内敏朗院長は、プロ野球帯同ドクターや高校野球全道大会の担当医師などを務める、スポーツ障害治療の第一人者で活躍している。また、リハビリ担当の理学療法士らも豊富な知識と経験を持ち、迅速かつ確実な治療で患者の日常生活への早期復帰をサポートしている。

当サイト・ストライクで連載した瀧内院長の「ドクターのフォームチェック」は野球少年・少女らの選手、監督や指導者にも人気となった。(バックナンバー)。

【ドクターのフォームチェック】

第1回「金子&高田投手」小樽シニア、岩見沢シニア所属当時

第2回「町田投手」西発寒ホークス所属当時

第3回「立野投手」真栄ボーイズ所属当時

第4回「大関投手」真栄ボーイズ所属当時

第5回「関根匡希」東ハリケーン所属当時

第6回「竹内快維」大栄クーガーズ所属当時

第7回「下重匡史」札幌北シニア所属当時

第8回「渡辺佑汰」札幌中央ビクトリー所属当時

♦問い合わせ♦

たきうち整形外科スポーツクリニック」への問い合わせはメール、info@takispo.jp、☎011-241-8405へ。携帯電話から受付対応する「シマフクロウ・コール」が便利。

☆受付・診療時間☆

昼の部=午前11時30分~午後3時(水曜日除く)

夜の部=午後4時30分~午後8時(水曜日は夜の部のみ診療)

休診日=日曜・祝日、第2、4、5土曜日

※10月22日(火、祝)は通常通りの営業、25日(金)は瀧内院長が学会出席のため休診となります

取材協力:たきうち整形外科スポーツクリニック



ストライク発行人 大川

Sponsored Link

関連記事

  • 関連記事がみつかりません

コメント

まだコメントはありません。

コメント入力

※コメントは管理者が認証してから反映されます。

札幌大谷中学校

おすすめ記事

ベースボール北海道STRIKE
このバナーをあなたのHPにご自由にお貼りください。リンク先は下記のアドレスに設定してください。
https://www.strike-web.com/
発行人の高校野球ブログ
発行人の中学野球ブログ
発行人の学童野球ブログ
ようこそ発行人のガーデニングブログへ
  • 北海道少年軟式野球連盟
  • 札幌スタジアム
  • 医療法人仁陽会 西岡第一病院
  • >フェニックスフィールド
  • ファイターズアカデミー
  • 札幌軟式野球連盟
  • 全日本リトル野球協会 リトルシニア北海道連盟
  • 三愛自動車
  • 北海道高等学校野球連盟
  • JBF 日本中学生野球連盟
  • ボーイズリーグ 東日本ブロック北海道支部
  • 北海道女子軟式野球連盟
  • 北海道シャンピオンシップ少年野球協会
  • 北海道野球協議会
  • ポニーベースボール北海道連盟
  • 札幌市中学校野球協議会
  • 西宮の沢バッティングパーク ピッチャーガエシ
  • 白石区少年野球連盟
  • 北海道中学軟式野球連盟
  • WORLD WING SAPPORO
北海道の野球少年に夢と希望を!
税理士法人スクエア会計事務所
税理士 本間 崇
札幌市東区北9条東1丁目3-10札米ビル3F
TEL:011-723-2180
等身大の全力プレー!がんばれ少年野球
有限会社札幌土質試験
代表取締役 近藤政弘
札幌市白石区菊水7条4丁目1番27号
TEL:011-812-6871
おごらず、くさらず応援します!少年野球
大畠紙器株式会社
がんばれ北都タイガース!!
札幌市白石区栄通1丁目10‐1
TEL:011-852-2511
中学硬式野球クラブチーム
【PR】11月体験会のお知らせ<苫小牧中央ポニーリーグ>
新入団員募集中!
チームスローガン:笑顔で全力でプレー
練習では先輩・後輩関係なく、それぞれが意見を出し合い、お互いが納得するまで
話し合います。練習メニューは1年生~3年生まで学年に関係なく、同じ練習をします 
試合では仲間のミスを励まし、勝利に向かって全員で戦うチームです

活動日:平日(週3~4日) 土・日・祝
監督:丹羽 090-7642-2849
中学硬式野球クラブチーム
【PR】恵庭リトルシニア球団
日頃から恵庭シニアを応援、サポートしてくれている皆様に心より感謝申し上げます。 恵庭リトルシニアは現在、室内練習場に人工芝を張り冬季練習を頑張っております。 新チームは2年生が17人、1年生が16人、6年生は1人。 6年生の団員募集中です! 当チームは土日に加え平日練習を火曜、木曜と行っております。 写真はリニューアルした室内で楽しくトレーニングしている選手達です。 同チームは二年前に北海道で行われた第6回東日本選抜野球大会で初優勝を飾るなど活躍中です。 是非とも多くの6年生に恵庭シニアを知ってもらいたい思っております。
◆スローガン  
「全力疾走」を怠らないチームを目指す!

◆練 習 日   
火曜・木曜(夏季16:30~日没まで)(冬季18:30~20:30)
土曜・日曜・祝日(9:00~16:00)

◆グラウンド  
恵庭市柏木町602-2付近(室内練習場併設) ことぶきバス駐車場向い 

新入団員募集中!
お気軽に見学、練習にご参加ください。

◆連 絡 先   
事務局長 石川  090-8706-9469
中学硬式野球クラブチーム
【PR】小樽リトルシニア球団
新入団員募集中!
★チームスローガン
目指せテッペン! 目指せ日本一!

小樽リトルシニアは礼儀と整理整頓を常に心がけています。
小樽市内はもとより、近郊からの団員を募集しております。

★球場、室内
4月~10月は小樽市営桜ヶ丘球場(小樽市花園5-3-3)および市内高校グランドなどで練習、冬期間は専用室内練習場(小樽市オタモイ1-30)、市内高校室内練習場、市内学校体育館で練習をしております。

★連絡先
監督:村上 武洋 090-8636-5813
球団事務局長 福原 圭一 090-3392-7860
グローブ
ボール