たきうちプレス

勝負は来季!札幌新陽高の今井君

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 勝負は来季!札幌新陽高の今井君
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip




リハビリの先生からフォームチェックをしてもらう今井君



たきうち整形外科スポーツクリニック」(札幌市中央区南1西6、北辰ビル2階)に通院する「院内で見つけたアスリート」の今月の登場者は札幌新陽高野球部の今井裕太君(17、2年)。

今井君は野球を始めた小学3年から主なポジションは投手だったが内野手・外野手も経験してきた。

高校では投手1本に絞り頑張ってきたが今年7月ごろに利き腕の右肩に異変を感じ、9月から同クリニックで治療を続けている。

野球肩のリハビリ経過も順調で今は痛みもほぼなくなり回復度は急ピッチに上がり来季へのめども立った。

「1日も早い完治を目指して頑張ります」と気力も十分だ。

札幌新陽高野球部の今井裕太君

▽今井 裕太(札幌新陽高校2年=170センチ、65キロ、投手)札幌・屯田 ブルースターズ-JBC札幌(中学軟式クラブチーム)-札幌新陽高硬式野球部



野球を始めたきっかけがユニークだ。小学低学年の時、近くの公園で父親とよくキャッチボールをしていた。それを見ていた少年野球の監督から「チームに入ってやってみないか」と誘われ、小学3年から始めた。いわば小学生でスカウト(?)されたのだ。その縁で大好きな野球と出会い、今も熱中するスポーツとなっている。「魅力はチームのみんなで協力してやる事、練習すれば成果につながっていく事」と今井君は言う。

右肩のけがは突然やってきた。7月ごろ、「なんか変だな」と思っていたが気にせず練習をしていたところ、腕がしびれてボールが投げられなくなってしまった。すぐに両親に相談して9月から2週に1回の割合で治療を続けている。ショックを受けたが、1日も早く治す事に心を切り替えて今はリハビリに専念している。そのかいあって、経過も順調に推移して近い距離なら問題なく投げられるまでになった。リハビリの先生からは投げ方の全体チェック、ひじの使い方などを教わりフォーム矯正に取り組んでいる。成果も徐々に現れてきており、「来季は万全な体でチームに復帰したい」と願い、オフトレの取り組み重視を強調した。

来季の目標はいっぱいある。まずけがを治して完全復帰、そしてレギュラー取り。「チームにとって欠かせない存在(自分が)になりたい」と今井君。今季は支部大会決勝で敗れ全道の舞台を逃したが来季はその壁を突破して、一段高いステージで勝負をすることを一番の目標としている。自宅で毎日、鏡を見ながらシャドーピッチング、ストレッチを欠かさない。努力すれば報われる-心の奥底にしっかりと刻んで来シーズンに挑戦する構えだ。

(記者の目・中山武雄)一見、おとなしそうに見えるが芯は強いものを持っている感じがしました。その反面、けがでチームに迷惑をかけていることを悔やみ、「早く体を治して貢献したい」との言葉が何度か聞かれ、優しさと思いやりも十分持ち合わせている好青年の印象が強く感じました。アスリートにとっては大切な要素です。

札幌都心部で評判の整形外科スポーツクリニック

たきうち整形外科スポーツクリニック札幌都心部(中央区南1西6、北辰ビル2階)に位置する利便性と、専門性の高い診断、治療を行うスポーツクリニックとして全道的に名が知られている評判の整形外科病院。

瀧内敏朗院長は、プロ野球帯同ドクターや高校野球全道大会の担当医師などを務める、スポーツ障害治療の第一人者で活躍している。

また、リハビリ担当の理学療法士らも豊富な知識と経験を持ち、迅速かつ確実な治療で患者の日常生活への早期復帰をサポートしている。

当サイト・ストライクで連載した瀧内院長の「ドクターのフォームチェック」は野球少年・少女らの選手、監督や指導者にも人気となった。(バックナンバー)。

【ドクターのフォームチェック】

第1回「金子&高田投手」小樽シニア、岩見沢シニア所属当時

第2回「町田投手」西発寒ホークス所属当時

第3回「立野投手」真栄ボーイズ所属当時

第4回「大関投手」真栄ボーイズ所属当時

第5回「関根匡希」東ハリケーン所属当時

第6回「竹内快維」大栄クーガーズ所属当時

第7回「下重匡史」札幌北シニア所属当時

第8回「渡辺佑汰」札幌中央ビクトリー所属当時

問い合わせ

たきうち整形外科スポーツクリニック」への問い合わせはメール、info@takispo.jp、☎011-241-8405へ。携帯電話から受付対応する「シマフクロウ・コール」が便利。

受付・診療時間

昼の部=午前11時30分~午後3時(水曜日除く)

夜の部=午後4時30分~午後8時(水曜日は夜の部のみ診療)

休診日=日曜・祝日、第2、4、5土曜日

取材協力:たきうち整形外科スポーツクリニック



ストライク発行人 大川

Sponsored Link

関連記事

コメント

まだコメントはありません。

コメント入力

※コメントは管理者が認証してから反映されます。

札幌大谷中学校

おすすめ記事

ベースボール北海道STRIKE
このバナーをあなたのHPにご自由にお貼りください。リンク先は下記のアドレスに設定してください。
https://www.strike-web.com/
発行人の高校野球ブログ
発行人の中学野球ブログ
発行人の学童野球ブログ
ようこそ発行人のガーデニングブログへ
  • 北海道少年軟式野球連盟
  • 札幌スタジアム
  • 医療法人仁陽会 西岡第一病院
  • >フェニックスフィールド
  • ファイターズアカデミー
  • 札幌軟式野球連盟
  • 全日本リトル野球協会 リトルシニア北海道連盟
  • 三愛自動車
  • 北海道高等学校野球連盟
  • JBF 日本中学生野球連盟
  • ボーイズリーグ 東日本ブロック北海道支部
  • 北海道女子軟式野球連盟
  • 北海道シャンピオンシップ少年野球協会
  • 北海道野球協議会
  • ポニーベースボール北海道連盟
  • 札幌市中学校野球協議会
  • 西宮の沢バッティングパーク ピッチャーガエシ
  • 白石区少年野球連盟
  • 北海道中学軟式野球連盟
  • WORLD WING SAPPORO
一生懸命の野球少年、応援します!
株式会社たかはし
代表取締役 高橋武美
〒062-0052
札幌市豊平区月寒東2条11丁目6-6
電話:(011)858-5301
北海道の野球少年に夢と希望を!
税理士法人スクエア会計事務所
税理士 本間 崇
札幌市東区北9条東1丁目3-10札米ビル3F
TEL:011-723-2180
等身大の全力プレー!がんばれ少年野球
有限会社札幌土質試験
代表取締役 近藤政弘
札幌市白石区菊水7条4丁目1番27号
TEL:011-812-6871
中学硬式野球クラブチーム
【PR】札幌栄リトルシニア
新入団員募集中!
札幌栄リトルシニアは、平成29年度よりリトルシニア北海道連盟に所属する硬式クラブチームです。

選手は東区,北区を中心として市内各区から集まり、火曜・木曜の平日練習と,土曜・日曜・祝日で練習および試合を行っています。

【チームスローガン】
「挨拶、返事、全力疾走、フルスィング」
【団員募集中】
土曜,日曜,祝日(9:00~17:00)
平日,火曜,木曜(18:00~21:00)
何時でも大歓迎です。また平日練習の見学・体験も可能です!
【練習場】
練習場(室内):札幌市東区丘珠680-118

【お問合せ先】
 札幌栄リトルシニア:事務局 野 口(携帯) 090-2057-5635
 (平日は18:00以降にお願いします)
中学硬式野球クラブチーム
【PR】公開練習のお知らせ<札幌札幌真駒内シニア>
新入団員募集中!
硬式野球体験会のご案内!

札幌真駒内リトルシニア球団は、日本リトルシニア中学硬式野球協会北海道連盟に所属する中学硬式野球チームです。

硬式野球に興味がある現在小学6年生の体験会を毎週、土曜日、日曜日に開催しており、参加者を随時募集しております。興味がある方はお気軽に下記「お問い合わせ先」までご連絡ください。

●チームスローガン
「明るく 厳しく のびのびと」

●練習日
土曜日、日曜日、祝日(お盆、年末年始を除く)9:00から17:00まで

●練習場所
真駒内駒岡Gスタジアム (通年)
・雨天時・冬季は、隣接する室内練習場  

札幌市南区真駒内191番地内 (有限会社澤田運輸さんの敷地内)※澤田運輸さんの敷地(私有地)を通り抜け案内看板のとおり進んでください。

●お問い合わせ
監  督:久保田:090-8899-5918
事務局長:竹 下:090-3206-3831
中学硬式野球クラブチーム
【PR】新入団員募集<札幌中央リトルシニア>
新入団員募集中!
1月10日現在4名の新入団員入部

毎週土日体験会募集しています
土日 9時~16時 8時30分まで集合
(午前のみ、午後のみ、一日いずれでも可能)

コロナウイルス感染対策の為手洗い消毒をしながら練習実施
蜜にならないように室内練習場、トレーニングルーム、屋内ブルペン、グラウンドなど使用致します。

詳しくはホームページから新入団募集のページをご覧ください。

【球団紹介】
札幌中央リトルシニア球団は、1972年結成以来、数多くの卒団生を送り出し、歴史と伝統のある球団です。
専用球場と室内練習場も完備され、選手たちはもちろん、指導者並びに保護者が一丸となり「心を一つに」頑張っています。
チームカラーは白と紺。
球団のモットーはNext One(前を見続ける)

【球団方針】
中学時代の3年間は心も身体も子供から大人へと成長する大切な時期です。
球団会長はじめ役員、指導者、父母の3本柱で一番難しい時期をしっかり支え
前向きに、明るく、人の痛みのわかる、感性豊かな選手育成を目指しています。

【団員募集中】土日祝日
見学・体験は随時実施していますのでお問い合わせください。
球場:石狩市樽川456(札幌中央シニア専用球場)

敷地内に専用球場、室内練習場、屋内ブルペン、トレーニングルームを併設していますので天候や季節に左右されず移動ナシで練習できます!
グローブ
ボール