たきうちプレス

大学野球に賭ける札日大高の岩田君

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 大学野球に賭ける札日大高の岩田君
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip




ひじを手術して完全復活した岩田君。さあ大学野球へGO!



「たきうち整形外科スポーツクリニック」(札幌市中央区南1西6、北辰ビル2階)に通院する「院内で見つけたアスリート」の今月の登場者は札幌日大高の岩田勝悟君(18、3年)。

投手の岩田君は昨年7月、利き腕の右ひじ靭帯を断裂して同クリニックで手術をした。

術後の経過は順調に推移して今は完全に復活、4月から日本大学(静岡キャンパス)に進学して憧れの明治神宮大会出場を目指す。

「けがで活躍できなかった高校時代の分も大学で取り戻す」と、はやる心を抑えて新たなステージへ意気込んでいる。

札幌日大高3年・岩田勝悟君

▽岩田 勝悟(18、札幌日大高3年=183センチ、83キロ、投手)札幌・平岡カウボーイズ-T・Tベースボールクラブ(軟式)-札幌日大高硬式野球部

小1から野球をはじめ、ほぼ投手1本を貫き通してきた岩田君。

高校生活3年の総仕上げイヤーとなる昨年1月に大切な右ひじに異変が発生、痛みが伴っていたので診察を受けることにした。

その結果は、予想もしなかった「右ひじの靭帯断裂」だった。

最大目標としていた夏の甲子園があったので、「絶対にレギュラーメンバーに入りたい」という思いがありお医者さんと相談し、しばらくは様子を見ることにしたが、痛みをこらえての練習は思う成果が上げられず結局メンバー入りは果たせなかった。「けがの大きさよりも、メンバーに入りを果たせなかったことの方がショックが大きかった」。

我慢に我慢を重ねていたが夏の甲子園予選大会が終わった昨年7月に手術を受け、リハビリの難題を乗り越えて完全復活までこぎつけた。

 

苦しい思いを体験し、一回りも二回りも大きくなった岩田君。

けがは完全に治り今は気分もスッキリし、けがで得た貴重な体験を財産にして新たな目標へ向かっている。

183センチ、83キロの恵まれた体格を生かして、強気のピッチングと”重いタマ”を武器に大学野球での活躍を誓っている。

大学は静岡県三島市にある日大国際関係学部のため東海地区の学生野球リーグに所属するが、目標はあくまで東京・明治神宮球場で行われる学生選手権だ。

「いつも頭の中でイメージしています。4年間で成し遂げます」と、大きな目標を掲げる。

 

岩田君にはもう一つ大きな目標がある。それは高校野球の指導者になること。

小1から続けてきた野球の中で学んだ体験から「教える事の素晴らしさ」を知り、将来の自分の職業にしたいと願っている。

教員免状を取得して高校の先生になることも野球と同じく、岩田君の頭の中ですでにイメージ化されている。

「本気でがんばれ」と両親からも全面的な応援をもらって、新天地での不安は一切ない。

野球人生最後の舞台-との思いで全力をぶつける覚悟はできている。

「関わってくれた人たちに恩返しをする意味からも、頑張っていい姿を見せたいです」心強い言葉が返ってきた。

 

(記者の目・中山武雄)素晴らしい体格に明るそうな性格は投手として最も必要な要素です。

それに強気な投球(本人談)も必須条件です。

インタビュー中も岩田君のやさしい心が伝わってきました。

両親、監督やコーチに「恩返し」をしたいという気持ちも溢れていました。

選手を外れても、とてもいい野球指導者になれると期待しています。

 

札幌都心部で評判の整形外科スポーツクリニック

たきうち整形外科スポーツクリニック札幌都心部(中央区南1西6、北辰ビル2階)に位置する利便性と、専門性の高い診断、治療を行うスポーツクリニックとして全道的に名が知られている評判の整形外科病院。

瀧内敏朗院長は、プロ野球帯同ドクターや高校野球全道大会の担当医師などを務める、スポーツ障害治療の第一人者で活躍している。

また、リハビリ担当の理学療法士らも豊富な知識と経験を持ち、迅速かつ確実な治療で患者の日常生活への早期復帰をサポートしている。

当サイト・ストライクで連載した瀧内院長の「ドクターのフォームチェック」は野球少年・少女らの選手、監督や指導者にも人気となった。(バックナンバー)。

【ドクターのフォームチェック】

第1回「金子&高田投手」小樽シニア、岩見沢シニア所属当時

第2回「町田投手」西発寒ホークス所属当時

第3回「立野投手」真栄ボーイズ所属当時

第4回「大関投手」真栄ボーイズ所属当時

第5回「関根匡希」東ハリケーン所属当時

第6回「竹内快維」大栄クーガーズ所属当時

第7回「下重匡史」札幌北シニア所属当時

第8回「渡辺佑汰」札幌中央ビクトリー所属当時

問い合わせ

たきうち整形外科スポーツクリニック」への問い合わせはメール、info@takispo.jp、☎011-241-8405へ。携帯電話から受付対応する「シマフクロウ・コール」が便利。

受付・診療時間

昼の部=午前11時30分~午後3時(水曜日除く)

夜の部=午後4時30分~午後8時(水曜日は夜の部のみ診療)

休診日=日曜・祝日、第2、4、5土曜日

取材協力:たきうち整形外科スポーツクリニック



ストライク発行人 大川

Sponsored Link

関連記事

コメント

まだコメントはありません。

コメント入力

※コメントは管理者が認証してから反映されます。

札幌大谷中学校

おすすめ記事

ベースボール北海道STRIKE
このバナーをあなたのHPにご自由にお貼りください。リンク先は下記のアドレスに設定してください。
https://www.strike-web.com/
発行人の高校野球ブログ
発行人の中学野球ブログ
発行人の学童野球ブログ
ようこそ発行人のガーデニングブログへ
  • 北海道少年軟式野球連盟
  • 札幌スタジアム
  • 医療法人仁陽会 西岡第一病院
  • >フェニックスフィールド
  • ファイターズアカデミー
  • 札幌軟式野球連盟
  • 全日本リトル野球協会 リトルシニア北海道連盟
  • 三愛自動車
  • 北海道高等学校野球連盟
  • JBF 日本中学生野球連盟
  • ボーイズリーグ 東日本ブロック北海道支部
  • 北海道女子軟式野球連盟
  • 北海道シャンピオンシップ少年野球協会
  • 北海道野球協議会
  • ポニーベースボール北海道連盟
  • 札幌市中学校野球協議会
  • 西宮の沢バッティングパーク ピッチャーガエシ
  • 白石区少年野球連盟
  • 北海道中学軟式野球連盟
  • WORLD WING SAPPORO
一生懸命の野球少年、応援します!
株式会社たかはし
代表取締役 高橋武美
〒062-0052
札幌市豊平区月寒東2条11丁目6-6
電話:(011)858-5301
伸びしろいっぱい!少年野球がんばれ!
有限会社北杜土質
代表取締役 鈴木幸洋
札幌市白石区菊水7条4丁目2-24
TEL:011-815-6008
おごらず、くさらず応援します!少年野球
大畠紙器株式会社
がんばれ北都タイガース!!
札幌市白石区栄通1丁目10‐1
TEL:011-852-2511
中学硬式野球クラブチーム
【PR】公開練習のお知らせ<札幌札幌真駒内シニア>
新入団員募集中!
硬式野球体験会のご案内!

札幌真駒内リトルシニア球団は、日本リトルシニア中学硬式野球協会北海道連盟に所属する中学硬式野球チームです。

硬式野球に興味がある現在小学6年生の体験会を毎週、土曜日、日曜日に開催しており、参加者を随時募集しております。興味がある方はお気軽に下記「お問い合わせ先」までご連絡ください。

●チームスローガン
「明るく 厳しく のびのびと」

●練習日
土曜日、日曜日、祝日(お盆、年末年始を除く)9:00から17:00まで

●練習場所
真駒内駒岡Gスタジアム (通年)
・雨天時・冬季は、隣接する室内練習場  

札幌市南区真駒内191番地内 (有限会社澤田運輸さんの敷地内)※澤田運輸さんの敷地(私有地)を通り抜け案内看板のとおり進んでください。

●お問い合わせ
監  督:久保田:090-8899-5918
事務局長:竹 下:090-3206-3831
中学硬式野球クラブチーム
【PR】6年生11人、まだまだ仲間募集中!<とかち帯広リトルシニア>
新入団員募集!
とかち帯広リトルシニア球団では、新入団員を募集しております。

当球団は、ナイター照明付き専用球場・室内練習場を完備し日々練習に取り組んでおります。

2020年シーズンより斎藤啓太 新監督を迎え、新体制にてスタートいたしました!
今年度の新たな取り組みとして、新1年生(現・小6)の選手のみを対象とした練習日を設けるなど、当球団スタッフは、選手の健康管理はもちろん、オーバーワークにならないよう練習メニューを構成しております。選手一人一人の成長に合わせた指導を心がけております。

中学校に進学したら軟式野球部に入ろうか悩んでいる方、中学硬式野球に興味はあるけれどイマイチ一歩が踏み出せない方、是非一度中学硬式野球を体験してみませんか?
体験に参加すると絶対入らなくてはいけない?そんなことはありません!何度でも体験に来ていただいて結構です。

斎藤監督を始め4名のコーチが指導の下、「十勝から日本一」をスローガンに日々活動しております。
2020年2月時点で、新中学3年生13名・新中学2年生2名・新中学1年生11名の計26名で活動しております!
現在は帯広市内の選手はもちろん、新得・士幌・忠類・広尾と管内各地より、また管外より通っていただいている選手もいらっしゃいます。

今シーズンより球団バスも50人乗り大型バスになり、遠征等の移動の負担も減りました。
練習や球団の様子は、球団ホームページや、球団Facebookで発信しておりますので、是非一度ご覧になってください。

選手・指導者・関係者一同、多くの方の体験への参加を心からお待ちしております!

【練習日・練習時間】
土・日・祝 午前8時30分~午後4時
火・水・木 午後6時~午後9時

【練習場所】
帯広後楽園球場(帯広市西22条南5丁目)
中島通沿いです。室内練習場も併設されています。

【体験練習参加申し込み・お問い合わせ先】
森 (球団会長)090-8426-0925
岡 田(球団理事)090-1643-2517
斎 藤( 監 督 )090-5228-5327
中学硬式野球クラブチーム
【PR】秋季全道・準Vの旭川北稜球団、体験者募集!
日本リトルシニア北海道連盟所属
【チームスローガン】
~気迫 気持 気合~

今年も「日本選手権大会(全国)」を目指し頑張ります。

今春から硬式ボールでとお考えの「現在中学2年生、1年生、小学6年生」の皆さん。練習を体験してみませんか?
入団時期に関しては、今からでも遅くありません。
また、年間を通じ一切入団に関する制約はありません。
野球を志す女子選手の参加も、お待ちしています。

【練習日】
火・木曜日(17:00~20:00)
土・日・祝日(9:00~15:00)

【練習場所】
春・夏・秋 旭川北稜専用球場
       (旭川市東鷹栖1線11号)
冬季練習場所
市内及び近郊の練習施設を借用し行っています。

【お問い合わせ先】
090-7643-3454 (理事 たなだ)
Eメール asahikawa.hokuryo@gmail.com

↓よろしければお立ち寄りください
グローブ
ボール