たきうちプレス

2つの目標に向かって、山の手ベアーズ五十嵐君

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 2つの目標に向かって、山の手ベアーズ五十嵐君
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip




一動作ごとにフォームをチェックする五十嵐君



たきうち整形外科スポーツクリニック」(札幌市中央区南1西6、北辰ビル2階)に通院する「院内で見つけたスリーと」の今月の登場者は山の手ベアーズのエース、五十嵐颯翼君(札幌市立山の手南小6年)。

4年生の秋に野球ひじが発症して半年以上ボールが投げられない状態が続いたが同クリニックで診療・リハビリ治療の中でフォーム矯正を徹底して図り、野球ひじを克服した。今は特に悪いところはないが、定期的にフォームチェックのために通院を続けている。

今季は最上級生、先月の札幌市選手権西区大会で優勝してチームは絶好調。

4番でエースの五十嵐君の気合も最高潮に達している。

山の手ベアーズの五十嵐颯翼君

▽五十嵐 颯翼(さすけ、11、札幌市立山の手南小6年=150センチ、38キロ、投手・外野手)札幌・山の手ベアーズ

けが発見は2年前にさかのぼる。

4年生の秋のこと。

痛くはなかったが利き腕の左ひじに違和感を感じ「たきうち整形外科スポーツクリニック」へ。

診断した瀧内敏朗院長から即、”投球禁止令”が出て半年以上ボールを投げなかった。

この処置が功を奏して、悪化することなく野球ひじが克服された。

野球大好きな五十嵐君。「いつまでも野球を続けるために体のチェックを大切にしよう」という気持ちが芽生え両親の理解もあってそれ以降、同クリニックにフォームチェックを兼ねてリハビリ治療を続けている。



そのかいあって、今は強豪チーム・山の手ベアーズのエースナンバーを任された。

大会で審判や相手監督がびっくりするほどのスピードボールが投げられるようになった。

課題はコントロール、五十嵐君はその辺を十分理解して次のステップへ踏み出そうとしている。

先月はエース・4番で活躍し札幌市選手権西区大会で優勝、チームを10年ぶりの快挙に導いた。

「負けず嫌いで努力家」(母・妙子さん)。

毎日、4~5㎞の走り込みを父と一緒に実行、それが終わるとバッティング練習と、休むことなく目標に向かって突っ走っている。

 

将来の大目標はプロ野球選手。

そのためにも野球と変わらないぐらい勉強の方もしっかりとやっている。

4年生の時は理科の全国模試で3位になったこともある。

発想もユニーク、「プロ野球選手の夢を達成した後は小児科の医者になることです」。記者はえっ!、と思って聞き直したところ理由はちゃんとあった。

「小さい子供たちが大好きなんです。そして自分も小さいときは病気がちで辛い思いをしたので、病気になった子供たちを救いたい」と言う。

納得する答えが即座に返ってきた。

 

6年生最後のシーズンで気持ちも高ぶる五十嵐君。

8月に予定されている全市大会とファイターズカップ(U12)の優勝に最大の焦点を当て、練習に一生懸命汗を流している。

アルペンスキーの選手としても期待されているが「中学からは野球1本に絞って目標を達成したい」と心を弾ませ、新たな挑戦へ本気度マックスで取り組む覚悟を明かした。

 

(記者の目・中山武雄)

野球も勉強も一生懸命頑張る五十嵐君。

インタビュー中、何事にも全力でぶつかっていく姿がヒシヒシと伝わってきて清々しい思いになりました。

「プロ選手の後はお医者さんに」という考えはなかなかできません。

この夢ある発想こそ、進歩する大きな第1歩だと思います。

 

札幌都心部で評判の整形外科スポーツクリニック

たきうち整形外科スポーツクリニック札幌都心部(中央区南1西6、北辰ビル2階)に位置する利便性と、専門性の高い診断、治療を行うスポーツクリニックとして全道的に名が知られている評判の整形外科病院。

瀧内敏朗院長は、プロ野球帯同ドクターや高校野球全道大会の担当医師などを務める、スポーツ障害治療の第一人者で活躍している。

また、リハビリ担当の理学療法士らも豊富な知識と経験を持ち、迅速かつ確実な治療で患者の日常生活への早期復帰をサポートしている。

当サイト・ストライクで連載した瀧内院長の「ドクターのフォームチェック」は野球少年・少女らの選手、監督や指導者にも人気となった。(バックナンバー)。

【ドクターのフォームチェック】

第1回「金子&高田投手」小樽シニア、岩見沢シニア所属当時

第2回「町田投手」西発寒ホークス所属当時

第3回「立野投手」真栄ボーイズ所属当時

第4回「大関投手」真栄ボーイズ所属当時

第5回「関根匡希」東ハリケーン所属当時

第6回「竹内快維」大栄クーガーズ所属当時

第7回「下重匡史」札幌北シニア所属当時

第8回「渡辺佑汰」札幌中央ビクトリー所属当時

問い合わせ

たきうち整形外科スポーツクリニック」への問い合わせはメール、info@takispo.jp、☎011-241-8405へ。携帯電話から受付対応する「シマフクロウ・コール」が便利。

受付・診療時間

昼の部=午前11時30分~午後3時(水曜日除く)

夜の部=午後4時30分~午後8時(水曜日は夜の部のみ診療)

休診日=日曜・祝日、第2、4、5土曜日

取材協力:たきうち整形外科スポーツクリニック



ストライク発行人 大川

Sponsored Link

関連記事

コメント

まだコメントはありません。

コメント入力

※コメントは管理者が認証してから反映されます。

札幌大谷中学校

おすすめ記事

ベースボール北海道STRIKE
このバナーをあなたのHPにご自由にお貼りください。リンク先は下記のアドレスに設定してください。
https://www.strike-web.com/
発行人の高校野球ブログ
発行人の中学野球ブログ
発行人の学童野球ブログ
ようこそ発行人のガーデニングブログへ
  • 北海道少年軟式野球連盟
  • 札幌スタジアム
  • 医療法人仁陽会 西岡第一病院
  • >フェニックスフィールド
  • ファイターズアカデミー
  • 札幌軟式野球連盟
  • 全日本リトル野球協会 リトルシニア北海道連盟
  • 三愛自動車
  • 北海道高等学校野球連盟
  • JBF 日本中学生野球連盟
  • ボーイズリーグ 東日本ブロック北海道支部
  • 北海道女子軟式野球連盟
  • 北海道シャンピオンシップ少年野球協会
  • 北海道野球協議会
  • ポニーベースボール北海道連盟
  • 札幌市中学校野球協議会
  • 西宮の沢バッティングパーク ピッチャーガエシ
  • 白石区少年野球連盟
  • 北海道中学軟式野球連盟
  • WORLD WING SAPPORO
北海道の野球少年に夢と希望を!
税理士法人スクエア会計事務所
税理士 本間 崇
札幌市東区北9条東1丁目3-10札米ビル3F
TEL:011-723-2180
一生懸命の野球少年、応援します!
株式会社たかはし
代表取締役 高橋武美
〒062-0052
札幌市豊平区月寒東2条11丁目6-6
電話:(011)858-5301
伸びしろいっぱい!少年野球がんばれ!
有限会社北杜土質
代表取締役 鈴木幸洋
札幌市白石区菊水7条4丁目2-24
TEL:011-815-6008
中学硬式野球クラブチーム
【PR】公開練習のお知らせ<札幌札幌真駒内シニア>
新入団員募集中!
硬式野球体験会のご案内!

札幌真駒内リトルシニア球団は、日本リトルシニア中学硬式野球協会北海道連盟に所属する中学硬式野球チームです。

硬式野球に興味がある現在小学6年生の体験会を毎週、土曜日、日曜日に開催しており、参加者を随時募集しております。興味がある方はお気軽に下記「お問い合わせ先」までご連絡ください。

●チームスローガン
「明るく 厳しく のびのびと」

●練習日
土曜日、日曜日、祝日(お盆、年末年始を除く)9:00から17:00まで

●練習場所
真駒内駒岡Gスタジアム (通年)
・雨天時・冬季は、隣接する室内練習場  

札幌市南区真駒内191番地内 (有限会社澤田運輸さんの敷地内)※澤田運輸さんの敷地(私有地)を通り抜け案内看板のとおり進んでください。

●お問い合わせ
監  督:久保田:090-8899-5918
事務局長:竹 下:090-3206-3831
中学硬式野球クラブチーム
【PR】体験会のご案内<札幌円山リトルシニア球団>
新入団員募集中!
札幌円山リトルシニアでは、硬式野球に興味をお持ちの小学6年生のみなさんを対象に入団体験会を開催いたします。
当団では、自分を更に高めたい方も、自信はないけどチャレンジしてみたい方も大歓迎!お気軽に体験してください!

11月3日(日)
9時30分~12時00分
13時00分~15時00分
上記の時間内にてご相談ください

特別体験会
元ダイエーホークスの西島 貴之氏を特別コーチに迎えてのバッティング練習を
行います!
11月10日(日)  9時00分~12時00分
同日午後からは、通常体験会となります

13時00分~15時00分

場所 : 石狩ホクレングラウンド(当球団専用球場)
石狩市新港西2丁目783
        
雨天時→室内練習場  札幌市北区太平6条1丁目2-1 
※北海道マイホームセンター北会場隣接
持ち物: グローブ(軟式用可)、運動靴、水筒、ユニフォームか練習着、または運動できる服装
午前・午後通してのご参加は昼食を持参ください

内容: キャッチボールや希望のポジションでの守備練習、バッティング練習に楽しく参加できます

体験希望の方はお手数ですが下記まで御連絡の上お越しください
【お問い合わせ先】 
円山リトルシニア球団 事務局   木川 080-3294-1340
(平日は18:00以降にお願いします。番号非通知はご遠慮下さい)
中学軟式クラブチーム
【PR】見学・体験のお知らせ<ピースベースボールクラブ>
6年生、中学1年生の男女選手を募集!
南区で発足した中学生軟式野球チームのピースベースボールクラブは
以下の日程でチーム説明会を開催いたします。
 硬式野球と軟式野球の違い、チームの指導方針、勉強との関わり方、
保護者の皆さまが不安に思っていること等、中学野球チーム選びの参考
にぜひお越しいいただければ幸いです。

 なお、練習の見学・体験も随時募集しております!

ホームページ:https://kyudo.1net.jp/aboutus/8501.html

チーム説明会
 11月17日(日)16:00~ 札幌市もいわ地区センター
 11月24日(日)16:00~  札幌市もいわ地区センター

※札幌市もいわ地区センター(札幌市南区川沿8条2丁目4-15)
https://moiwa.jp/


お問い合わせ先
 kyudobaseballclub@gmail.com または090-8708-6966
監督 高山まで
グローブ
ボール