野球専門店・古内社長のコラム

僕とアイピーセレクトの出会い

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 僕とアイピーセレクトの出会い
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip







【札幌市南区の野球専門店】スポーツショップ古内の社長
古内克弥のコラム No.34
スポーツショップ古内のホームページはコチラ

https://www.furuuchi.info/
↑ホームページを新しく作り変えています

僕とアイピーセレクトの出会い

 

こんにちは!

いつもコラムをお読みくださいまして、ありがとうございます!

 

ここ連日、暑い日が続きますね。熱中症予防は万全ですか?
ただただ水分を摂るのではなくて、塩分も補給してくださいね!

 

先日、スポーツショップ古内でチームウェアを全て揃えてくださっている、

澄川中学校軟式野球部が全国大会出場を決めました。

 

札幌市南区では史上初の快挙だったようで、

歴史を作った素晴らしい日となりました。

 

対戦していたチームも、素晴らしい選手が多く、

試合内容もいつも緊迫していて、澄川中学校のメンバーたちは

「ツイていた」

と言っている子ばかりでした。

 

さて、今回はそんな

「ツイていた」話と少し似ているかもしれません。

 

僕とアイピーセレクトの出会いをご紹介いたします。




=========
古内克弥、大阪出張で
アイピーセレクトを目にする
=========

あれは忘れもしない、4年前のこと・・・
いや、5年前だったかな?
やり取りの履歴を見ると2015年が一番古そうだから、多分4年前だな。

 

うん。

ざっくり2015年ということにしておこう。

 

 

僕は大阪に出張していました。

読者の方の中には、
大阪に行ったことがある人もいらっしゃるのではないかと思うのですが、
関西地方というのは、野球専門店がたくさんあります。

しかも、レベルがめちゃくちゃに高いお店がたくさんです!

 

例えば

200坪の売り場面積の中に、野球用品しか置いていない。とか。

(ちなみに、スポーツショップ古内は売り場面積15坪)

 

100坪の売り場面積の中に、野球用品の、
グローブとバットしか置いていない、とか。

 

30坪程度でも、メンテナンスの腕が超一流で、
それだけで営業し続けることができているお店だとか。

 

 

関西は競争がとてつもなく激しいこともあり、皆さん本当にレベルが高い!

「安売り」という競争ではなく、

「価値創出」という競争が激しいと思います。

 

僕は全国にたくさんスポーツショップ仲間がいまして、
3ヶ月に一回程度のペースで、お店を視察したり視察されたりなどして、
情報交換をしています。

年代も僕と同じくらいの店長が多いので、話が合うんです。

 

そんな大阪出張で、僕は
「藤井寺スポーツ」
というお店に行きました。

 

200坪の売り場面積のうち、
100坪が野球。100坪がサッカー。というお店です。

 

年中野球ができる関西地区。

その中でも特にお客様が集中する春には、
1000個ものグローブが品揃えされます。

 

 

僕はその藤井寺スポーツさんにお邪魔して、
店内を一回りしていると、あまりの品揃えのすごさに

 

「うわぁ〜〜〜〜、やっぱすごいなこのお店は!!!」

 

と感動しながらいろんな野球用品を手にとっては眺めていました。

 

そんな中、ポツンと佇んでいる、
アイピーセレクトのサンプル品が置いてあるのを目にしました。




製作者の鈴木一平さんがひたすらゴロの捕球をしている動画とともに、
そのグラブは置いてありました。

 

その動画はユーチューブでもなんども再生されていて、
アイピーセレクトのコンセプトがよくわかる動画です。

 

ユーチューブでこちらを検索していただくと、
当時、僕が見た動画が観れます。

「プロデューサーziaが語るIp select」

 

 

僕は動画ももちろん見ていましたが、
それよりもそこにあったグラブの美しさに
ずっと目を離せずにいました。

 

作りというか、シルエットがとても美しかったんです。

洗練されているというか。

そして手にはめてみると、ものすごいフィット感を感じました。

 

「なんだろうこれ・・・

聞いたこともないグローブなのに、こんな凄いのがあるのか・・・」

 

僕は釘付けになっていて、
他の仲間との集合時間に遅刻してしまうほど、見入っていました。

 

 

2015年なので、ちょうど

「十河(とうごう)モデル2015年」
品番でいうと「IP1050-15」が発売された時です。





==========
まさかのアイピーセレクトの
営業マンがフルウチに来た
==========

 

僕はそのIP1050-15をずっと覚えていて、
一連の情報交換会、勉強会を終えて、札幌に帰ってくるのですが、

 

 

なんとなんと、その出張から帰ってきた日に、社員から

「アイピーなんたらっていうメーカーの代理店さんが、
取引先を探してるって言って、グローブいっぱい持ってきたよ。
だけど、今野球に詳しい人がいないから、
また来てくださいねって言って、帰ってもらったよ」

という報告をもらい

 

「え!?それ『アイピーセレクト』じゃないの!?!?

すぐ電話して!!!」

 

と言って、すぐ電話して、再度来店してもらいました。

 

 

その頃は、人気に火が付く直前くらいの時期でした。

その営業マンはダンボールいっぱいに
アイピーセレクトのグローブを持って来て

「こうこうこういうコンセプトで作ったグローブなんです」

と説明してくれました。

 

 

改めて見ても、やっぱりとてつもなくいい・・・

形が綺麗だし、手にフィットする。

 

十河モデルのコンセプトも、とってもよくわかる。

(あ、十河モデルって、普通のグラブと比べて、
かなり変わった形をしているんです)

 

 

「例えるなら、ハイハイしてくる赤ちゃんに対して
「おいでおいで〜」と手を広げて差し伸べる時の形なんです」

と説明していただき、

 

なるほど〜!!!!

本当に適切な説明でした。

 

自然体。

自然に迎え入れる手の形をイメージしたんだなぁ。

 

無名だというだけで、グローブの作りは工芸品だ。

 

僕はその説明一つ一つに聞き入っていて、

気づいたら

「ここにあるグローブ全部仕入れます」

と言っていました。

 

そのダンボールが空になるほど仕入れました。

 

当時、まだスポーツショップ古内に硬式野球用グローブは

5個くらいしか置いていない時のことでした。(現在60個。えへへ。)

 

 

それから間も無く、

ユーチューブか何かでヒットしたのか、

アイピーセレクトは爆発的な人気を出し、

 

スポーツショップ古内のアイピーセレクトたちの、

特にキップレザーコレクションは、

いつも完売、完売。となりました。




==========
いつでもアイピーセレクトに
手を入れられる環境を作る
==========

スポーツショップ古内には

キップレザーコレクションのサンプル品が2つ置いてあります。

 

それは

「いつも完売で、結局どんなグローブなのかわからない」

というお客様の声を聞き、

「もったいないけど、非売品にしてサンプルとして飾ろう」

ということにして

 

十河モデルとIP053Kという2つの品物を

湯もみ型出しをして飾ることにしました。

 

 

遠方からお越しいただくお客様にも、

「インターネットでしか見たことがなかったけど、

こうして手にはめることができて嬉しい!」

と言っていただけます。

 

 

人気が超爆発する直前に、こうして一気に仕入れたこともあって、

アイピーセレクトの代理店さんからはいつも情報を優先的にいただいています。

だいたい、グローブの生産情報をいただくと、その瞬間に全部仕入れます(笑)

 

 

だから、スポーツショップ古内は
北海道でアイピーセレクトを販売している小売店のうち、
MAXで仕入れられる量を仕入れています。

 

本日も、
アイピーセレクトに興味を持って、
札幌市内からも、札幌市以外からも、
お客様が足を運んでいただけます。

 

 

あの時、

僕が大阪出張でアイピーセレクトを目にしていなかったなら、

もしかしたらこんな風に仕入れていなかったかもしれません。

 

アイピーセレクトの営業マンを呼び戻していなかったかもしれません。

 

本当に、縁を感じます。

僕はツイていました。

 

 

お客様から

「スポーツショップ古内には、
どうしてこんなにアイピーセレクトがあるんですか?」

という質問をよくいただくので、

 

この仕入れに至るまでのストーリーを伝えたいなぁ
と思って書かせていただいたのですが、
気づいたらこんなに長くなっていました(笑)

次回もお楽しみにしていてください!

どうもありがとうございました!




 

今回のコラムはいかがでしたか?
スポーツショップの店員は目利きが大切です。

有名メーカーはたくさんの研究機関を通じて、いいものを作ることが出来て、発信力が強くて認知されるまでのスピードが早いです。

プロ野球選手に使ってもらうのも、認知のスピードを早めるためです。

 

立ち上がったばかりのメーカーは、目利きのできる小売店の

「これをお客様に紹介したい」

という協力体制とともに成長していくことが出来ます。

 

スポーツショップ古内には残念ながらスラッガーやハタケヤマの取り扱いはありません。ジュンケイもありません。

それは僕自身の目利きがまだ不十分だったのかなと思います。

少しずつ、目利きを磨き、もっともっとお客様に価値を伝えられるよう、
知識も磨いていきたいなと思っています。

 

それでは!
今後も、疑問点や聞きたい話などがございましたら

sportsfuruuchi@gmail.com

こちらまでご連絡ください!

バックナンバー
No.1 「綺麗な肌は好きですか?」
No.2「将来の夢はグラブ職人!?」
No.3「お手入れのコツは「手洗い」
No.4「グラブづくりイベント」
No.5「赤ちゃんに学ぶ、外角低めの克服法」
No.6「グラブのポジション別の特徴」
No.7「グラブ作りに挑戦!」
No.8「投手用グラブ タテ型派、ヨコ型派をわかりやすく解説」
No.9「失敗しないグラブ選び(2-1)」
No.10「失敗しないグラブ選び(2-2)」
No.11「バットの種類と違い」
No.12「バットの種類と違い2:複合バットについて」
No.13「源田選手のグラブについて」
No.14「野球セール ベースボールフェア予告」
No.15「新軟式ボールについて」
No.16〜17はセールの予告でした。
No.18「専門店のグラブの提案の仕方」
No.19「流行りのアンダーシャツ」
No.20「新発想のスパイク誕生!ブロックソール」
No.21「ブロックソールは中学校、高校でも使えるの?」
No.22「肘・肩・怪我予防ブレイスレボサポーター」
No.23.「中学軟式野球春季大会 古内杯 をレポート」
No.24.「塁間が0.1秒速くなる靴紐の結び方」
No.25.「塁間が0.1秒速くなるシューズのサイズの選び方」
No.26.「グラブの深さの見分け方」
No.27.「スポカルのご案内」
No.28.「スポカル」
No.29.「人気のドナイヤが仲間入り」
No.30.「ドナイヤポジション別<グラブ>のご紹介!」
No.31.「ドナイヤ ポジション別グラブのご紹介-2」
No.32「ドナイヤ ポジション別グラブのご紹介-3」

 

――――――――――<コラム著>――――――――――

古内克弥氏

株式会社スポーツショップ古内
代表取締役社長 古内克弥
1982年4月15日生まれ
小学5年生の時に家業であるスポーツショップ古内の販売をお手伝いした時に、接客の楽しさを経験し、将来の夢を「スポーツショップ古内をでっかくする」に設定する。
サッカー、バレーボールをメインに15種目ほどの競技を学び、大学で経営学を学んでゼット株式会社に入社。
ゼット株式会社では、グラブ工場で一年間グラブ製作に携わり、グラブの知識を覚える。
三年間の修行を経てスポーツショップ古内に入社する。

2017年、代表取締役社長に就任。

2017年、CSR経営表彰-地域貢献部門-で受賞

2019年、さっぽろgood商い賞受賞

「札幌をスポーツカルチャー人口日本一にする」をゴールとした、札幌市のスポーツ&カルチャーフェスティバル「スポカル」の副実行委員長もつとめ、スポーツ普及に携わる。
学校や企業への講演依頼も年に10回ほど受け、経営、マーケティング、地域活性化などのテーマで話をしている。
(依頼はほぼないと思いますが)講演は「ストライクを見た」で、無料で行います。

ホームページはこちらです

https://www.furuuchi.info/

 




ストライク発行人 大川

Sponsored Link

関連記事

  • 関連記事がみつかりません

コメント

まだコメントはありません。

コメント入力

※コメントは管理者が認証してから反映されます。

札幌大谷中学校

おすすめ記事

ベースボール北海道STRIKE
このバナーをあなたのHPにご自由にお貼りください。リンク先は下記のアドレスに設定してください。
https://www.strike-web.com/
発行人の高校野球ブログ
発行人の中学野球ブログ
発行人の学童野球ブログ
ようこそ発行人のガーデニングブログへ
  • 北海道少年軟式野球連盟
  • 札幌スタジアム
  • 医療法人仁陽会 西岡第一病院
  • >フェニックスフィールド
  • ファイターズアカデミー
  • 札幌軟式野球連盟
  • 全日本リトル野球協会 リトルシニア北海道連盟
  • 三愛自動車
  • 北海道高等学校野球連盟
  • JBF 日本中学生野球連盟
  • ボーイズリーグ 東日本ブロック北海道支部
  • 北海道女子軟式野球連盟
  • 北海道シャンピオンシップ少年野球協会
  • 北海道野球協議会
  • ポニーベースボール北海道連盟
  • 札幌市中学校野球協議会
  • 西宮の沢バッティングパーク ピッチャーガエシ
  • 白石区少年野球連盟
  • 北海道中学軟式野球連盟
  • WORLD WING SAPPORO
おごらず、くさらず応援します!少年野球
大畠紙器株式会社
がんばれ北都タイガース!!
札幌市白石区栄通1丁目10‐1
TEL:011-852-2511
どさんこ球児応援します!
株式会社協和地質技研
代表取締役永井英仁
〒003-0838
札幌市白石区北郷8条10丁目2番40号
電話:(011)871-4652
等身大の全力プレー!がんばれ少年野球
有限会社札幌土質試験
代表取締役 近藤政弘
札幌市白石区菊水7条4丁目1番27号
TEL:011-812-6871
中学硬式野球クラブチーム
【PR】札幌中央リトルシニア
新入団員募集中!


【球団紹介】

札幌中央リトルシニア球団は、1972年結成以来、数多くの卒団生を送り出し、歴史と伝統のある球団です。

専用球場と室内練習場も完備され、選手たちはもちろん、指導者並びに保護者が一丸となり「心を一つに」頑張っています。

チームカラーは白と紺。

球団のモットーはNext One(前を見続ける)



【球団方針】

中学時代の3年間は心も身体も子供から大人へと成長する大切な時期です。

球団会長はじめ役員、指導者、父母の3本柱で一番難しい時期をしっかり支え

前向きに、明るく、人の痛みのわかる、感性豊かな選手育成を目指しています。



【団員募集中】土日祝日

見学・体験は随時実施していますのでお問い合わせください。

球場:石狩市樽川456(札幌中央シニア専用球場)



敷地内に専用球場、室内練習場、屋内ブルペン、トレーニングルームを併設していますので天候や季節に左右されず移動ナシで練習できます!
中学硬式野球クラブチーム
【PR】公開練習開催のお知らせ<札幌東リトルシニア球団>
新入団員募集!
令和元年札幌東シニア公開練習開催

まずは硬式野球を体験してみませんか?
札幌東球団は専用樽川球場・当別球場・室内練習場を備えております。
野球の大好きな皆さん!是非一緒にプレーしましょう!!!

10月27日(日)9:00~15:00
(ご都合の良いお時間にお越しください。)
場所 札幌東シニア当別グラウンド
  当別町獅子内2108-6 (有)モンキーバスケット敷地内
※雨天の場合は併設の室内練習場で行います。
※午前・午後を通して参加される方は昼食をご持参下さい。
※練習着、スパイク、グローブをお持ち下さい。

先輩達と一緒にグラウンドで練習しましょう!
是非チームの雰囲気を体感してください!

公開練習以外の日程でも体験して頂く事は出来ますのでご希望がありましたら是非ご連絡下さい。何度体験して頂いても構いません。

チームスケジュールや紹介はHPにてご案内しております。
https://www.netto.jp/sapporohigashi/

お問い合わせ先
父母会長 松田 080-2861-0410

※公開練習以外の日程で体験ご希望の方はスケジュールをお伝えしますので
お電話か球団HP内からのメールにてお問合せ下さい。

たくさんの方のご参加お待ちしております。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 日本リトルシニア中学硬式野球協会
 北海道連盟 札幌東球団
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
中学硬式野球クラブチーム
【PR】練習体験会のお知らせ<とかち帯広リトルシニア>
新入団員募集!
とかち帯広リトルシニア球団では、新入団員を募集しております。

今秋も、小6~中2の方を対象とした公開練習体験会を実施いたします。

当球団は、ナイター照明付き専用球場・室内練習場を完備し日々練習に取り組んでおります。

今シーズンより斎藤啓太 新監督を迎え、新体制にてスタートいたしました!

中学校に進学したら軟式野球部に入ろうか悩んでいる方、中学硬式野球に興味はあるけれどイマイチ一歩が踏み出せない方、是非一度中学硬式野球を体験してみませんか?
体験会に参加すると絶対入らなくてはいけない?そんなことはありません!何度でも体験に来ていただいて結構です。

希望の参加日を担当<森>までご連絡下さい。
また不明な点や質問、日程が合わなくて諦めている方も、是非お気軽にご相談ください。

選手・指導者・関係者一同、多くの方の体験会への参加を心からお待ちしております!

【体験会日程】
10月22日(火・祝)
10月26日(土)
11月 3 日(日・祝)
11月 4 日(月・祝)
11月 9 日(土)

【開催時間】
午前9時受付・9時30分~正午まで体験会

【開催場所】
帯広後楽園球場(帯広市西22条南5丁目)
当日「体験入団実施中」の看板が目印

【服装】
練習できる服装(練習着・ユニフォームなど)
グローブ(軟式用でも可)
スパイク
飲み物
防寒着

【参加申し込み・お問い合わせ先】
担当:森 徹(球団理事)090-8426-0925

~よくある質問をまとめてみました~

Q・練習の頻度はどの程度ですか?

A・夏期は平日火・水・木(18時~21時)、土・日・祝(9時~16時)
  冬期は平日火・木(18時~21時)、土・日・祝(9時~16時)です。

Q・練習場所はどこですか?

A・基本的に、帯広後楽園球場(帯広市西22条南5丁目・アルバータ通沿い)にて行っています。専用球場となっており、ナイター照明、室内練習場(ビニールハウス)が併設されています。

Q・遠征ってどれぐらいの頻度なんですか?父兄が送迎するんですか?

A・基本的に公式戦は札幌近郊の球場にて開催されます。なので公式戦時には球団バスを使用して選手は移動となります。4月末~9月末まで、トーナメント戦やリーグ戦がありますので都度、球団バスでの移動となります。

Q・球団バス、最近見ていないと思うのですが・・・

A・実は昨シーズン途中に故障してしまい、車両を入れ替える事になりました。 現在は車両入替準備中ですが、今冬に新しい球団バスが納車予定です。ご安心ください。

Q・上手じゃなかったら入団できないと聞いたことがありますが、本当ですか?

A・そんな事はありません!志さえあれば、当球団は誰でも入団可能です。大事なのは技術よりも野球に向き合う気持ちと考えています。

Q・体験入団してみたいのですが、どうしたらいいですか?

A・ 基本的には体験希望日を担当者に連絡して頂き、当日お越しいただき体験入団となります。もちろん無料ですし、一度来たからと言って二度目はダメもありません。何度でも体験して頂き、中学硬式野球の楽しさが伝われば幸いです。

当日はアルバータ通り沿いに「体験入団実施中」と書かれた看板が目印です。


Q・硬式野球を始めるのに、何が必要ですか?

A・硬式用グラブ・金具式スパイクは最低限必要です。バットは個人所有の選手もいますが、団バットもあります。ヘルメットは団所有のメットを使用します。

Q・入団した後に、購入しなくてはいけない物は他にありますか?

A・チーム統一の物を購入して頂きます。セカンドユニフォーム・Vジャン・グラコン・試合帽・練習帽・チームジャージです。成長期により短期間でサイズが大幅に変わってしまう場合もあろうかと思います。ですが卒団生たちが寄付してくれた「お下がり」の用意もあります。

Q・硬式野球は肩や肘を壊すと聞いたことがあります。

A・そのイメージは払拭できていないのが現状です。リトルシニア連盟では選手の健康面に配慮して活動しています。「1日7イニング、連続する2日間で10イニング投げた投手は翌日は登板できない」というルールを制定しており、選手のケガの予防に全力を注いでいます。また春のシーズン初めには肘検診が用意されており、医師のエコー検査により異常がないかの検診が義務になります。

当球団スタッフは、選手の健康管理はもちろん、オーバーワークにならないよう練習メニューを構成しております。選手一人一人の成長に合わせた指導を心がけております


グローブ
ボール