野球専門店・古内社長のコラム

迷っています・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 迷っています・・・
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip






【札幌市南区の野球専門店】スポーツショップ古内の社長
古内克弥のコラム No.112スポーツショップ古内の新しいホームページはコチラ
https://sp-furuuchi.com

迷っています・・・

 

こんにちは!

いつもコラムをお読みくださいまして、ありがとうございます!

 

今回は、よくわからない話になるかもしれません。

 

最近迷っていることがあるんです。

 

 

と言うのは、「環境問題」についてです。

 

==========
SDGs=Sustainable
Development Goals
==========

最近「SDGs」と言う言葉が聞かれるようになってきましたが

「SDGs」をご存知でしょうか。

 

 

「SDGs」とは「持続可能な開発目標」。

 

あらゆる形態の貧困に終止符を打ち不平等と戦い

気候変動に対処しながら誰1人取り残さないよう、

2030年までに達成する目標です。

 

これは2015年9月の国連サミットで採択されました。

 



 

SDGsには17項目の目標がありますが、

そのうちの一つは「気候変動に具体的な対策を」

というものがあります。

 

 

実は私は、ほんの少しだけ、

環境問題について興味を持っている方かと思います。

とは言っても、それほど詳しくはありませんよ?

 

ただ、興味があるし、

単純に「地球にとって悪いことってなるべくしたくないな」

と思っているだけなんです。

 

 

例えば

ガムを吐き捨てたりとか

空き缶をポイっと投げてしまったりとか

水風船膨らませて投げあっこしてパン!と割れたままにしたりとか

 

そういうことはしないように意識して、

ちゃんと捨てる場所に捨てよう、と思っています。

 

 

 

さて、ここで、

私が何に迷っているのか、ということなのですが、

 

 

現在スポーツショップ古内は、

グラブハウスという売り場を作り、

たくさんの商品を品揃えしてお迎えしております。

 

 

自画自賛というわけではないのですが、

本当に結構な量のグラブが置いてあると思っています。

 

とは言っても、大阪や東京なんて行くと、

もっともっとすごいお店はいっぱいあるんですけどね!!!

当店の5倍以上グラブを品揃えしているお店もあります。

 

 

本当に、到底敵わないレベルです。

 

 

ですがそんなすごいお店に少しでも追いつきたい!

いや、なんなら追い抜かしたい!

 

 

そう思ってお店を大きくしたり、

今後もこっそりお店を大きくする計画をしているのですが、

 



========================

「グラブがたくさんあるのは、

買い物するときに楽しいだろうなとは思うけども、

果たして本当にこれでいいのだろうか?」

========================

 

と迷うようになってきたんです。

 

 

 

元々私は、このグラブハウスという売り場を作る前から、

 

 

「2019年にグラブだらけの売り場『グラブハウス』を作る。

2020年〜2022年は、グラブの数をとにかく増やしまくる!

その中からどんなグラブがお客様に喜ばれるのかをリサーチして

 

今度は2023年からは、グラブの在庫数をとにかく減らしていく!

アップルショップのように、見本品だけを置いておいて、

もっともっとグラブを大切に陳列したいんだ!!」

 

と社員やメーカー、問屋さんに伝え続けていました。

 

 

 

ですから、計画通りに進めていきますと、

今年いっぱいと来年いっぱいは、

グラブの数がもっともっと増えていきます。

 

 

「でもこれっていいのかなぁ!

作りすぎなんじゃないのかなぁ!

仕入れすぎなんじゃないのかなぁ!」

 

「これ、売れなかったりすることもあるよな!

売れたとしても使用者が飽きてしまって捨ててしまったりしたら、

それって地球環境にとって良いことではなくなるんじゃないかなぁ!?」

 

って考えはじめました。

 

 

 

 

だから・・・

 

 

2023年に行う予定だった計画は前倒しにするかもしれません(笑)

 

 

 

サンプルだけを展示して、受注生産で作る。

だけど、その受注生産のスピードは、

3ヶ月もかけずに、2ヶ月、もしくは1ヶ月で作る。

 

そんな仕組みを作りたいと思っています。

実現できるのかどうかは分かりませんが、

今はすでにそこに対して挑戦を始めています。

 



============

「カーボンニュートラル」

============

CO2排出量を実質ゼロにして、気温上昇を抑える。

 

 

これは何も大企業だけの話じゃないと思っています。

私たちのような小さい企業も、意識して行った方が、

意識しないよりはずっといいと思っています。

 

 

作り過ぎによるゴミの量が増える。

食べ過ぎにより家畜の量も増える。

(↑そういえば、世界中の食料のうち、6割は家畜のエサだって知っていました!?人間が一番食べてると思っていたので、驚愕でした!)

 

だけど、野球人口は減っている。

ということは、供給量が需要量に比べて多くなる可能性が高くなる。

ということは、生産過多になる。

ということは、捨てたり、安売りになって、

あまり欲しくないものでも手が出てしまったりする。

そしてゴミとなってしまうものが増えてしまう・・・

 

うーん。

 

 

グラブの品揃えの数が減っても
魅力的なお店になるにはどうしたらいいのかなぁ。

ゴミにならないような、
捨てたくならないような
グラブを提供するにはどうしたらいいのかなぁ。

 

 

最近やたらとそう考えていたら・・・

 

 

コラムを掲載する日を過ぎていました(笑)

 

ちゃんと考えをまとめて、またコラムを書きますね!

 



==========
前回の掲載の後・・・
==========

とても多くの反響をいただきました!!!

本当にありがとうございます!

 

修理を依頼してくれる方がとっても多く、
コラムで掲載させてもらって良かったと思っています。

 

 

それこそ、今回のコラムの、私の迷いに対する答えの一つは

 

「修理」

なのかもしれませんね!

 

 



 

 



 

 

今回のコラムはいかがでしたか?

 

 

なんだかよくわからない話になってしまってすいません。

でも、最近本当にこう言ったことを考えるようになったんです。

 

コロナの影響で、良くも悪くも時間が取れるようになってきたからでしょうか。

 

 

私が3年ほど前にカンボジアに行ったとき。

 

現地で活躍している日本人の女性経営者の方が

「私はお土産屋さんで、個包装をしたクッキーを作っていたけど、
これって、体に良くないし地球にとってもビニル袋は捨てられるだけなので
ゴミを作っているんじゃないのかなぁ?と思い始めたんだ」

と言って、その事業を売却し、その売却益でファームを作り、
完全自然農法でたくさん野菜やフルーツを栽培しているのを見てきました。

 

規模感は私なんかとは比べ物にならないくらいスケールがすごいです。

 

 

でも、近づきたいなぁと思ったのも事実です。

 

 

地球環境にいい

なおかつ、お客様もいつもワクワクできる

作り手も売り手も買い手も、そして社会も良くなる

 

そんなスペシャルな品物を考案でき、
提供できたらどんなに幸せでしょうか。

 

 

そんな果てしない挑戦も、
今後は本気でしていきたいなと思っています。

 

また時間がありましたら、コラムをお読みくださいね!

 

今回も最後までお読みくださいまして、ありがとうございました。

 



――――――――――<コラム著>――――――――――

古内克弥氏

株式会社スポーツショップ古内

代表取締役社長 古内克弥

1982年4月15日生まれ

小学5年生の時に家業であるスポーツショップ古内の販売をお手伝いした時に、接客の楽しさを経験し、将来の夢を「スポーツショップ古内をでっかくする」に設定する。

サッカー、バレーボールをメインに15種目ほどの競技を学び、大学で経営学を学んでゼット株式会社に入社。

ゼット株式会社では、グラブ工場で一年間グラブ製作に携わり、グラブの知識を覚える。

三年間の修行を経てスポーツショップ古内に入社する。

2017年、代表取締役社長に就任。

札幌市のスポーツ&カルチャーフェスティバル「スポカル」の副実行委員長もつとめ、スポーツ普及に携わる。

学校や企業への講演依頼も年に10回ほど受け、経営、マーケティング、地域活性化などのテーマで話をしている。



バックナンバー
No.1 「綺麗な肌は好きですか?」
No.2「将来の夢はグラブ職人!?」
No.3「お手入れのコツは「手洗い」
No.4「グラブづくりイベント」
No.5「赤ちゃんに学ぶ、外角低めの克服法」
No.6「グラブのポジション別の特徴」
No.7「グラブ作りに挑戦!」
No.8「投手用グラブ タテ型派、ヨコ型派をわかりやすく解説」
No.9「失敗しないグラブ選び(2-1)」
No.10「失敗しないグラブ選び(2-2)」
No.11「バットの種類と違い」
No.12「バットの種類と違い2:複合バットについて」
No.13「源田選手のグラブについて」
No.14「野球セール ベースボールフェア予告」
No.15「新軟式ボールについて」
No.16〜17はセールの予告でした。
No.18「専門店のグラブの提案の仕方」
No.19「流行りのアンダーシャツ」
No.20「新発想のスパイク誕生!ブロックソール」
No.21「ブロックソールは中学校、高校でも使えるの?」
No.22「肘・肩・怪我予防ブレイスレボサポーター」
No.23.「中学軟式野球春季大会 古内杯 をレポート」
No.24.「塁間が0.1秒速くなる靴紐の結び方」
No.25.「塁間が0.1秒速くなるシューズのサイズの選び方」
No.26.「グラブの深さの見分け方」
No.27.「スポカルのご案内」
No.28.「スポカル」
No.29.「人気のドナイヤが仲間入り」
No.30.「ドナイヤポジション別<グラブ>のご紹介!」
No.31.「ドナイヤ ポジション別グラブのご紹介-2」
No.32「ドナイヤ ポジション別グラブのご紹介-3」
No.33「ドナイヤ ポジション別グラブのご紹介-4」
No.34「僕とアイピーセレクトの出会い」
No.35「2019年秋の新商品【グローブ】」
No.36古内社長のホームページ活用法
No37守備率10割のグラブ、その名も「ウィルソン」
No.38.「守備率10割のグラブ その名も「ウィルソン」その2」
No.39「守備率10割のグラブ その名も「ウィルソン」その3」
No.40「ボールの投げ方「フォーシーム」「ツーシーム」」
No.41球の回転数と球質の重さについて
No.42スポーツショップ古内改装計画!
No.43創業感謝祭のお知らせ!
N0.44キャッシュレス決済の還元が凄い!
No.45鳥肌もののクオリティ【佐藤グラブ工房】のグラブ!
No46新商品のご紹介<フィールドフォース>
No47【佐藤グラブ工房】グラブとコラボレーション
No48ゼットの源田選手モデルの型
No49思い出のカード
No50お手入れにおける「ブラッシング」の重要性
No51イベント告知! 「ウィンターマラソン2020IN滝野すずらん公園」
No.52グラブハウスがオープンします!
No53日本一オシャレな野球専門店に教わりました。
No542020年もよろしくお願いいたします。
No55「ウィンターマラソン2020in滝野すずらん公園」
No56「トクサンTV」のトクサンが来店します!
No57スポーツショップ古内に人気YouTuber「トクサンTV」が来る!
No58日本最高峰のグラブ職人に会ってきます
No59メジャーリーガーを排出する日本のベースボールクラブの監督が札幌に来る
No60メジャーリーガーを排出する日本のベースボールクラブの監督が札幌に来る
No.61海外の指導方針を参考にすると、指導陣が10人中9人辞めていった。しかし・・・、
No62外野手用グラブで一番軽いのはどれなのか?
No63野球用品セールします!
No64「道内最大級のグローブの品揃え スポーツショップ古内の 年度末セールのご案内」
No65自慢したくなる
No66コロナの家庭パンデミック
No67営業時間短縮のお知らせ
No68マスクが入荷しました。
No69逆境が大好き!
No70和牛JBという名のグラブ
No715月16日土曜日より開店!
No72ファイト アゲンスト コロナ!
No73スポーツに適したマスクを発見!
No74大放出アイテム!
No75インスタグラムで団員募集を!
No76SDGsに向けて買い物袋の有料化
No77風船を使ってクイズ!
No78ホームページをリニューアル!
No79家族の話と思い出の話
No80こんな企画があったら面白い
No81打ちのめされました
No82キレダスの話
No83出会いと別れ
No84自宅で作れる手軽な栄養補給のおやつ
No85連休中の営業時間のお知らせ
No86【豆知識】手クセとグラブを合わせよう!
No87ロゴができたら面白い
No88守備の要であるキャッチャーは 『-要-KANAME」のミットで!
No89佐藤グラブ工房の佐藤工場長に会ってきました!
No90創業感謝祭2020
No91ウルっと来た少年野球の閉会式
No92スポーツショップ古内の大切にしてること
No93中学硬式のクラブチームに入る時に用意するグラブってどんなグラブ?
No94中学硬式のクラブチームに入る時に用意するグラブってどんなグラブ? パート2
No95あなたはどんなお店が好きですか?
No96ウィンターマラソン2021 in滝野すずらん公園の告知
No97全米が震えた!? アメリカ人気No. 1の「44」というグラブ
No98丑年だから牛の皮の話
No99お客様の声を紹介します
No100コラム100回を祝して、 新サービスを展開します
No101佐藤グラブ工房とスポーツショップ古内のコラボグラブが誕
No102少年野球の初心者向けバットの選び方
No103塁間が0.1秒速くなる!? 魔法の靴紐の結び方
No104メーカーキャンペーンのお知らせ
No105一期一会
No106インソールって、意味あるの?
No107めちゃくちゃ飛ぶバット「ライズアーチ193」が半額!(数量限定)No108イメケン新入社員たちを紹介します!
No109キレダスをネット販売できるようになりました!
No110この配色はあり?なし?
No111このグラブ、直せるかい?



ストライク発行人 大川

Sponsored Link

関連記事

コメント

まだコメントはありません。

コメント入力

※コメントは管理者が認証してから反映されます。

札幌大谷中学校

おすすめ記事

ベースボール北海道STRIKE
このバナーをあなたのHPにご自由にお貼りください。リンク先は下記のアドレスに設定してください。
https://www.strike-web.com/
発行人の高校野球ブログ
発行人の中学野球ブログ
発行人の学童野球ブログ
ようこそ発行人のガーデニングブログへ
  • 北海道少年軟式野球連盟
  • 札幌スタジアム
  • 医療法人仁陽会 西岡第一病院
  • >フェニックスフィールド
  • ファイターズアカデミー
  • 札幌軟式野球連盟
  • 全日本リトル野球協会 リトルシニア北海道連盟
  • 三愛自動車
  • 北海道高等学校野球連盟
  • JBF 日本中学生野球連盟
  • ボーイズリーグ 東日本ブロック北海道支部
  • 北海道女子軟式野球連盟
  • 北海道シャンピオンシップ少年野球協会
  • 北海道野球協議会
  • ポニーベースボール北海道連盟
  • 札幌市中学校野球協議会
  • 西宮の沢バッティングパーク ピッチャーガエシ
  • 白石区少年野球連盟
  • 北海道中学軟式野球連盟
  • WORLD WING SAPPORO
伸びしろいっぱい!少年野球がんばれ!
有限会社北杜土質
代表取締役 鈴木幸洋
札幌市白石区菊水7条4丁目2-24
TEL:011-815-6008
北海道の野球少年に夢と希望を!
税理士法人スクエア会計事務所
税理士 本間 崇
札幌市東区北9条東1丁目3-10札米ビル3F
TEL:011-723-2180
等身大の全力プレー!がんばれ少年野球
有限会社札幌土質試験
代表取締役 近藤政弘
札幌市白石区菊水7条4丁目1番27号
TEL:011-812-6871
中学硬式野球クラブチーム
【PR】とかち道東ボーイズ
とかち道東ボーイズ

『スポーツを通じて人間性を学び養う』
『目先のチームの勝利より、選手個々の成長のためのアプローチを優先!』

新入団員募集中!

【練習日時】
平日:(火・木)18:00~20:00
土日:3~4時間

【練習場所】
平日:白樺学園室内練習場・芽室健康プラザ 他
土日:芽室町営球場・鹿追室内練習場 他

【対象】
小学4年生~中学1年生(4月まで)

【お問い合わせ】
事務局:竹島 宏和TEL:090-7653-4883
中学硬式野球クラブチーム
【PR】新入団員募集!<札幌北広島ボーイズ>
体験参加、新入団員募集中
札幌北広島ボーイズは、少年硬式野球では日本で最大規模のボーイズリーグに所属し、現在新チーム(中学2年、1年生)34名の団員で構成されています。
高校野球を目指して硬式野球に慣れておきたい! 純粋に硬式野球に挑戦したい! 夢をもっている6年生ぜひ一緒に野球をしませんか!
練習・試合は主に土・日・祝日に行い、平日は高校で必要となる自主練習を重んじ、勉強もできる環境を整え、より良い中学生活を送れるよう取り組んでいます。
常時、体験入団を受け付けています。練習日程等はホームページを確認いただくか、下記まで気軽にお問い合わせください。

●練習専用球場・・・「中山球場」北広島市共栄54-13 中山機械㈱敷地内
●球団専用室内練習場・・・・北広島市島松269-1

【お問合せ】
代  表 小 川 正 道  携帯 090-2877-9777
監  督 山 田  徹   携帯 090-8634-5635

野球をやるならボーイズリーグ!
入団するなら札幌北広島ボーイズ!
中学硬式野球クラブチーム
【PR】札幌ボーイズからのお知らせです。
「一緒に硬式野球を…札幌ボーイズの仲間になりましょう」
札幌ボーイズからのお知らせです。

札幌ボーイズ球団は1985年に札幌ロイヤルズ球団として創設以来、明るく元気のよいチーム作りと礼儀正しい選手の育成を目的に活動しています。2018年度からはボーイズリーグ ・札幌ボーイズとして新たに活動して来ましたが、2021年度は休部し、2022年度に向けて新たに活動を行っています。

札幌ボーイズは新一年生(募集は6年生)中心のチームを作ります。2022年度は新生札幌ボーイズとして、新たなスタートを切ります。

選手の健康と安全を第一優先とし、選手個々に合わせた、きめ細かな指導を行います。(体格差にとらわれる必要はありません)

チームには専用球場、専用室内練習場があり、力いっぱい練習、試合をすることが出来ます。

札幌ボーイズで硬式野球をやろう!次の主役は君たちだ!

秋以降随時体験練習を実施します。先ずは、硬式ボールに触れて、体験してみませんか。

ご不明点は下記連絡先へお問い合わせ下さい



連絡先 :球団代表/八木090-6449-5522 

監督 /寺西 090-5229-5116
グローブ
ボール